技術現況
  • 技術研究所紹介
  • 技術現況
    • 二重射出金型
    • 一般的な金型
  • 技術現況
    • 設計ソフトウェア
    • 加工設備
    • 試射出及び量産設備
  • Quality Warrant

  • 品名 CUP HOLDER ASSY
    適用製品 VOLVO TRUCK
    樹脂 1次pc+abs/2次tpe
    特徴 製品耐久性強化
  インサート金型 二重射出金型の種類
ロタリ方式 ターンテーブル方式 インデクスコア
回転方式
スピンーポーム方式
Concept 射出機2台、金型2台 射出機2台、金型2台   射出機2台、金型2台  
成形完了した1次製品を金型内に入れ射出する方式 1次製品射出機型版が回転して2次製品成型 1次製品射出後射出機型版が回転して2次製品成型 1次製品成型後サーボモータ他油圧利用し金型内に挿入された軸に結合してコアを回転し製品成形 二つの射出ノズルが金型の前後及び左右から樹脂が流入
中央コアが回転しながら二重射出製品成型
Image

二重射出とインサートの比較

区分 インサート方式 二重射出方式
動作方式 ·1次射出後移送装置に2次側射出部安着 ·1次射出後固定側型版及びコアの回転で2次射出
収縮・段差 ·1次射出待つによる収縮及びインサート部組立段差発生 · 同一金型内に2次側射出部移動で収縮及び段差予防
製作費用 · 射出機、移送ロボット及び金型各 2 set · 専用射出機1機、金型1型
射出原価 · 全体値上がり(cycle time増加、収縮、段差で不良品発生) · 全体値下がり(cycle time短縮、外観品質改善)
適用範囲 · 製品及び取出構造に従う使用の限界性 · 形状及び構造か複雑な製品も製作可能

ターンテーブル方式とインデクスコア方式の比較

区分 ターンテーブル方式 インデクスコア方式
動作 移動側型版が下側全体を回転させ1次製品
2次成形部に移動
インデクスコアが突出回転し1次製品を
2次成形部に移動
長点

· 製品形状が簡単な製品に適合

· 取出しのため変形コア適用が容易

· 複雑な構造に適合

· 必要部分のみ回転するので回転容易射出機Ton量減少

· 1次、2次パーチングーライン夫々適用可能

短点 複雑な構造に適合すると金型が大きくなる
下側全体が回転し半径が大きくなる
アンダーカット形状の二重射出適用難しい
アンダーカットの為変形コア適用時製作が複雑
回転重量に制限が付く